リハビリテーション

整形外科とは

リハビリテーション

骨粗鬆症について

巻き爪外来


ご自宅への送迎案内

QRコードで簡単アクセス

患者の気持ち


リハビリテーション

当院では、理学療法士による運動器リハビリテーションが可能です

リハビリテーションとは患者様の身体の痛みや能力低下を改善し、環境に適応するための訓練を行い、患者様ができるだけ早く、社会や日常生活に復帰できるように、運動療法や物理療法などを取り入れて治療を行います。


このような症状の時はご相談ください。

  • 肩や首のこりがひどい
  • 慢性的な腰痛で、日常生活に支障がある、など

◎ 痛みを堪えたり、そのままにせずに、お早めに当院へご来院ください。

運動療法とは

筋力を鍛えたり、関節を動かしたりすることで、身体機能の回復、および痛みやしびれなどの症状の軽減を目指す治療法のことです。運動療法では、運動を行うことで筋肉の柔軟性を高め、関節の動く範囲(可動域)を向上させて、身体機能と症状の改善を図ります。


運動器リハビリテーションでは
このような症状に対応可能です。

-膝、肩の病気
-スポーツ外傷
-骨折、外傷後のリハビリ
-手術後、退院後のリハビリ

 

物理療法とは

水や光、熱や電気などの機械的な力を用いて行う治療法のことで、「理学療法」の一種です。

マッサージや電気療法、牽引療法など、薬物を利用せずに、物理的な手段を用いて痛みを和らげ、関節の可動範囲を広げるなどして、日常生活に必要な動作を容易にする療法です。

◆ 電気療法(干渉波・低周波治療器)

干渉波や低周波で深部に刺激を与えることで、筋肉や神経の緊張をほぐし、しびれの軽減、麻痺筋の促通を目的とする治療です。



◆ 牽引療法(腰椎牽引治療器・頸椎牽引治療器)

痛みのある部分をゆっくり引っ張っていき、椎間板を伸ばしたり、椎間の隙間を広げることで、神経への圧迫を和らげていく治療です。